Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

滝川綾さん

滝川綾(たきがわあや)さんです。
タレント名鑑のプロフィールは
http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp319931
ブログは
http://ameblo.jp/ayahare/
http://blogs.yahoo.co.jp/ayatakigawa_gj/

事務所さんのプロフィールは
http://www.m-e.in/talenthtml/takigawaaya.htmlです。
そして、このお方は
例の企画の16名の中の1人です。
http://vyj.shueisha.co.jp/gravure_japan/05takigawa.html(windows media playerか realplayerで動画が観えます。)
それと、ニコニコ動画の会員の方は
【ニコニコ動画】滝川綾さん(Takigawa Aya)
実際、滝川さんは、googleで検索してみましたが
かなり知名度あります。これだけ知名度があると
私のブログでは、検索にかからないしどうしようかなっと思いましたが
書きました。
DVDも出しておられて
Fresh!Eye 滝川綾さん [DVD]
二枚三枚これからも出るでしょう。
しかし、あれなんですが、これだけの
人達を集めて、優勝者と各部門の
受賞者決めたら解散と言うのは
少し、もったいない気がします。
そうですねぇ、優勝者と受賞者以外の人は、
女性からの視線を気にする、10代後半から
21歳ぐらいの男性応募者を募り
この人たちがその男性の
服装ををダメ出して、コーディネートし、
更に、中身は、北方謙三氏が鍛える。
北方謙三氏は、歴史小説家のとしての方が
知名度あるんですかね。女性にも人気あるみたいです。
実は、ホットドッグ・プレス(2004年で廃刊)の一コーナーで
[試みの地平線]というのがあって
北方氏が悩める若者(たまにリアルに作家からも)
の相談に答えると言うものだったんですが
その回答が、面白くて大概「小僧ども!」と付けています。
質問も「俳優の○○さんの弟子になりたいんですけど、北方先生のほうから
頼んでもらえませんか?」とか、色々あります。
キッチリ、「小僧ども!」と回答してます。しかしながら、
救いようのある回答で、根性論で解決するのではなく合理的に答えてます。
後は、「先生が、ワイルドターキー飲んでいるフリして、ウーロン茶だったと知って
ショックです。」と
なんて質問もありました
それが
最近復活したと聞きました。
ホットドッグプレス自体が
日本の景気が良くなる時に創刊されたもので
粘った方だと思います。北方氏は、葉巻とワイルドターキーのイメージあるんですが
国営放送で、歴史解説していた時は、ひっくり返った記憶があります。
テレビ出演の際は穏やかな優しげな口調です。
ホットドッグプレスは女性を「クン」付けで呼んでいた覚えが・・
最近で、女性を君付けするのは、いっぱいチャンネルがみえるケーブルテレビで
たまにやっている、「おれは男だ!」の森田健作氏ぐらいしか
思いつきません。
外見は、こちらの出場者で中身は北方謙三氏で
飴と鞭的な感じで、まぁ、こちらの出版社の人たちも
色々考えていると思います。頭のいい人たちですから。
出版社間の権利関係が、ちと難しいかもしれません。
こんな事考えてると、北方謙三氏「小僧、仏門に入って30年ぐらい修行して、もう山から下りてくるな!」
と言われそうな気もします。

かなり話しそれました。
滝川さんですが、Q11では、読者層も把握していて
いい感じです。30周年か・・この次が40周年か50周年・・・(あるかな・・)
今こそ、民意を!っという事です。

試みの地平線―伝説復活編 (講談社文庫)

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索フォーム

QRコード

QR

カテゴリリスト

plugin_category

プロフィール

コンペイトウです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。